働く人と企業の健康問題に、チームで挑む

2018/11/30
by 編集部

はてなブックマーク

西埜植規秀氏(左)は産業医科大学卒業後、松下電器産業(現 パナソニック)やライオンの専属産業医として勤務した後、より多くの企業とかかわることを目指して独立。さらに質の安定した産業保健を提供するため、今回の新事業立ち上げに至った。<br> 来田 誠氏(右)は京都大学卒業後、大阪赤十字病院 精神科で研修を行った後、精神科病院や精神科クリニックにて重症精神疾患や小児精神科の診療に携わってきた。精神科サブスペシャリティとしての産業精神保健の重要性を感じ、事業パートナーとして参画したという。

西埜植規秀氏(左)は産業医科大学卒業後、松下電器産業(現 パナソニック)やライオンの専属産業医として勤務した後、より多くの企業とかかわることを目指して独立。さらに質の安定した産業保健を提供するため、今回の新事業立ち上げに至った。
来田 誠氏(右)は京都大学卒業後、大阪赤十字病院 精神科で研修を行った後、精神科病院や精神科クリニックにて重症精神疾患や小児精神科の診療に携わってきた。精神科サブスペシャリティとしての産業精神保健の重要性を感じ、事業パートナーとして参画したという。

ゆくゆくは、産業医を目指す医師の学びの場に

西埜植氏や来田氏が産業医としてかかわる企業はIT関係から製造業、百貨店などの小売・流通系、研究所と多岐にわたる。業種が違えば、抱える課題もさまざまに変わってくる。

「メンタルに強い、工場関連の有害物質などのリスクに詳しい、海外に強いといった具合に、それぞれの医師の強みを生かしながら補い合えることもチーム制の強みです」(西埜植氏)。

企業ごとに課題も違えば考え方も違う。それぞれの要望に合わせた解決策を提案するのが産業医の難しさでありやりがいだが、どのような事業所でも求められるのが休職者の復職判断である。一歩判断を間違えれば訴訟にもつながりかねず、企業風土や方向性も読み取りながら慎重な判断を下せるようになるには、現場での経験が欠かせない。近い将来には、産業医を目指す医師のトレーニングや学びの場につなげていくことを考えている。

「現状、そうした学びの場が少ないことは課題の1つです。将来的には、経験のある先生について、OJTで学んでいける体制を整えられればと考えています」(来田氏)。
トレーニングの場ができれば、さらに多くの企業へ同じレベルでサービスが提供できるようになる。5人の医師たちの“働く人と企業の健康を守る”挑戦が、いま始まった。

  1. 1
  2. 2
  3. 3
^