投稿・健康経営に役立つ〈リッチーケア〉

2019/11/29
by 仲野誠人

はてなブックマーク

今後の展開予定

〈リッチーケア〉は企業だけでなく各種団体や教育機関などをはじめ、どのような業態にもフィットするものであるため、医療機関等においても、患者さんの待ち時間対策や検査や診療後のリラクッス手段、またスタッフ同士のヘルスケアやコミュニケーション手段、新たなメニューやサービスとして導入可能ではないかと考えている。

マッサージから生まれるコミュニケーションについて講演する筆者

これまでの臨床経験、また導入事例での経験を通して、椅子に座って行い合うことができる「首相互マッサージ」は、信頼の証である「握手」、愛惜の証である「ハグ」よりも、手の温もりを通じた非言語の慈しみ合いの証として優れたものなのではないかと考えている。

〈リッチーケア〉の開発とその普及という私の発露の根源には、「人々がどんどんつながって、許しあって、認めあえ、平和につながっていく世の中の実現したい」という想いがある。〈リッチーケア〉の健康経営領域での推進を目指すことは、その想いの実現方法のひとつとして考えている。

そして、これまでの経験を踏まえ、皆さまの福音となれるよう、この方法を世界に広めることを目標として今後も普及に邁進していきたいと考えている。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

著者

仲野誠人 氏

1960年名古屋市生まれ。 会員制治療院 漢和堂 主宰、株式会社カンワドー 代表取締役、一般社団法人日本リッチーケア協会 代表理事、事業構想大学院大学在学中。 首凝りケアとマッサージコミュニケーションで、SDGs達成以後の世界課題をも解決するツールとしてリッチーケアの伝道に注力している。現在、東京と名古屋の2拠点を行き来しながら活動中。


^