こんな病院見たことない!? 江戸川病院のホスピタルアートがなんだか楽しい

2020/03/18 SAKURA
by SAKURA

はてなブックマーク

登録確認のメールが送信されます。

近年日本国内でも認知が広まり、各地で導入が進むホスピタルアート。白を基調としたデザインが多く、ともすると無機質になりがちな病院空間にアートの要素を取り入れることで、患者さんの心を和ませたり、医療者と患者の間のコミュニケーションを促す役割などもあるとされる。東京都江戸川区にある江戸川病院は、早くからホスピタルアートを取り入れ、その斬新な院内アートは知る人ぞ知る存在となっている。フリーライターのSAKURA氏にレポートいただいた。

東京都江戸川区にある江戸川病院 本院。外観はいたって普通の病院なのだが…

一見普通の外観から…

「ここ病院!?」

院内に入って思わず呟いた。ピカソ、ゴッホ、リキテンシュタイン。さまざまな名画の模写やポップなイラストが壁や天井を覆う。

上:採血採尿検査室前の廊下。ハリウッド俳優の似顔絵アートが並ぶ
下:放射線治療室入口の洞窟は、職員が3日間ほどで施工した。奥の蜘蛛のオブジェはIKEAのワゴンセールで購入したそうだ

採血採尿室前の廊下に並ぶのはハリウッド俳優の似顔絵アート。放射線治療室への通路はアトラクションのようなゴツゴツした岩肌の洞窟だ。MRI装置の上部には巨大なゾウのぬいぐるみが鎮座する。リハビリテーションセンターの壁にはリハ侍というキャラクターが患者を見守っている。外来棟エントランスホールには3階建ての吹き抜けいっぱいに、植物の生えた巨大な岩のオブジェがある。そこでは年数回、コンサートやマジックショーなどのイベントも行っているという。

上:MRI検査室のゾウさん。院長が見つけてきたぬいぐるみだという(画像提供:江戸川病院)
下:リハビリテーションセンターで患者を見守る、リハ侍。実際のスタッフがモデルだ

外来棟の巨大な岩のオブジェ。クライミングができそう


JR小岩駅からでバス10分。江戸川沿いの住宅地にホスピタルアートで話題を集める江戸川病院はある。病院で起きるメンタルな問題を解決するホスピタルアート。

病院にパステルカラーの壁画やスタイリッシュなサインがあるのはよく目にするが、江戸川病院のは奇抜さで群を抜いている。なぜ、このような派手なアートを取り入れたのだろう。秘書室係長の冨岡順子さんに話を聞いた。

インスピレーションのまま、遊び心で


「入職当時はこんな感じじゃなかったんです。ごく普通の病院でした。アートがすごいと言われるんですが、私たちは遊び心を表現している感じです。病院って楽しいところじゃないですから。待たされるし、思い通りにいかなくてストレスが溜まります。アートで患者さんの不安を和らげたり、気晴らしになればと思っています。医療以外のサービスでその部分を補えるのはいいことですから」。


冨岡さんは勤続23年。新卒で入職して以来、江戸川病院の変化をずっと見てきた。ホスピタルアートは院長直轄のプロジェクトで、広報的な立場を担う秘書室が取材に対応することが多いという。


2000年に赴任した故・加藤隆弘前院長(当時は副院長)が、米国留学先で遊園地のような斬新なデザインの病院を目にしたのがきっかけだった。それにならいインスピレーションのまま壁画を増やしていった。前院長には「職員が楽しく働ければ、必然的に患者さんへのサービスが向上する」という思いもあった。どこまでも楽しい病院を目指した結果だ。その思いは前院長急逝後、現院長である弟の加藤正二郎氏に引き継がれた。


続きは、会員ログインをして
お読みください。
ログイン※パスワードをお忘れの方はこちら

著者

SAKURA

SAKURA 氏

ライターとデザイナーのパラレルキャリアの人。アート・デザイン周辺の話題や、ワーク&ライフスタイルにフォーカスした記事に取り組む。NPO法人の理事を務めた経験もあり、サステナブルな社会のあり方に関心を寄せている。 https://note.com/sakuraeyes


^