第4回 医療機関における人的資源管理について考える

2021/02/11
by 将志藤井

特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長

はてなブックマーク

登録確認のメールが送信されます。

今回みていくのは、経営学でいうと「組織行動(OrganizationBehavior)」や「人的資源管理(HumanResourceManagement)」といわれる領域である。内容が心理学的なものまで及び、日本的にちょうどピッタリの概念は難しい
が、いわゆる企業の人事部が扱っている領域がこの分野であるといえる。

 

文・藤井将志(特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長)

組織行動と人的資源管理

病院における“人事”と聞いて、どんな仕事をしている部署を想像するだろうか。

多くの病院で人事やそれに該当する部署がやっているのは、勤怠管理や入退職の手続きといった類いの業務にとどまっているのではないだろうか。もしくは、もう少ししっかりしたところでも、教育研修を取りまとめる、もしくは人事考課制度を扱うといったところにとどまっている。

 

本来ならこうした仕事にプラスして、組織が目標達成するために、どのような社内制度を整える必要があるのか、といったことを企画立案し、組織に浸透を図っていくのが人事の役割である。そうした広い意味での人事が扱うべき、組織行動や人的資源管理におけるテーマをみていく。そのなかでも基礎的なことや、医療業界で広く知られているようなことを確認する。

 

職員のモチベーションの上げ方

組織行動の領域においてキーワードとなるのが「モチベーション」や「リーダーシップ」である。

まず、「職員のモチベーションをどうやったら上げられるのか」という問いへの回答はあるのだろうか。これを聞いただけで、“絶対にこれが正解”という方法論がないことは想像に難くない。しかし、組織は人が集まってできている以上、とても重要な課題の1つであることは間違いない。
極論ではあるが、組織の構成員のモチベーションが高ければ、よほどのことがない限り会社経営はうまくいくだろう。この領域で有名な理論といえば、「マズローの欲求5段階説」や「マクレガーのX理論Y理論」などである。

1)マズローの欲求5段階説

マズローの欲求5段階説とは、人間の欲求は図1のように5段階のピラミッドのように構成されていて、低階層の欲求が満たされると、より高次の階層の欲求を欲するという考え方である。

経営においては、生活を営むうえで必要な給与を安定的に提供する、といった最低限のことを達成するのは言うまでもない。

さらに、職員同士がギクシャクした関係ではなく、安心して仕事に取り組める人間関係が構築できているか(社会的欲求)。さらに、会社や上司から認められているという思いを感じられる環境が常にあるか(尊厳欲求)。ここまでくると、できていない組織もあるのではないだろうか。これらの欲求が満たされないと、さらに上位の欲求である、自らの能力を開発して成長を目指すような段階(自己実現欲求)には至らない、とされている。組織の方針で「自分で目標を見つけて頑張れ」と打ち出しても、人間関係が不快な組織では、「そんなこと考えていられない」ということになる。

2)マクレガーのX理論Y理論

マクレガーのX理論Y理論というのは、「人間は生来怠け者で、強制されたり命令されなければ仕事をしない」とするX理論と、「生まれながらに嫌いということはなく、条件次第で責任を受け入れ、自ら進んで責任を取ろうとする」Y理論とがあるとしている。

X理論においては、命令や強制で管理し、目標が達成できなければ処罰といった「アメとムチ」によるマネジメント手法となる。Y理論においては、魅力ある目標と責任を与え続けることによって従業員を動かしていく、「機会を与える」マネジメント手法となる。低次欲求が十分満たされているような現代においては、Y理論に基づいた管理方法の必要性が高いとされるが、状況や経営者の考え方に応じて選ぶ手法は異なってくる。

これら2つの理論は一例であるが、こうした個人の特性や、こうした特性を持ち合わせた個人が集まってできる組織が、どのような集団行動をとっていくのか、ということを考えていくことになる。

 

この記事の掲載号

『Medical Communication』2019年冬号

続きは、会員ログインをして
お読みください。
ログイン※パスワードをお忘れの方はこちら

  1. 1
  2. 2
  3. 3

著者

将志藤井 氏

特定医療法人谷田会 谷田病院 事務部長

2006年に早稲田大学政治経済学部を卒業。病院向け経営コンサルティング会社である(株)アイテック、(株)MMオフィスを経て、2012年度から沖縄県立中部病院・経営アドバイザーとして(NPO法人病院経営支援機構所属)病院経営支援を行い、診療報酬を駆使した収益増、医療機器等の費用削減、業務効率化に携わる。2015年度から特定医療法人谷田会・谷田病院(熊本県甲佐町)の事務部長に着任、2017年度から熊本保健科学大学の非常勤講師(看護管理)も務める。大東文化大学の非常勤講師(病院経営)も歴任、内閣府主催の国際交流事業や米国国務省主催のIVLPプログラムにも招聘される。2013年に執筆した論文「日本医療再生の具体的提言」は神奈川県保険医協会から表彰される。


^