未熟野菜で野菜療養入門

2016/09/29
by 宮田恵

医師・シニア野菜ソムリエ

はてなブックマーク

沖縄野菜でありながら今や全国区の野菜となったゴーヤは苦味が特徴。

完熟したゴーヤ

完熟したゴーヤ。自然に割れて野生動物に存在をアピール

完熟してしまうと果皮はオレンジ色、種子は赤色に変わり、苦みが消失して野生動物たちのごちそうに。一方、人間にとっては未熟でなければ「苦味のない美味しくない野菜」になるのです。「品種改良かな?苦味が少ないし利尿も緩い」とはゴーヤスムージー愛好家の患者さんの呟きです。

トウキビ、奥がスイートコーン

手前がトウキビ、奥がスイートコーン

トウモロコシを主食とする国・地域もありますが、ともかく甘さと柔らかさだけのトウモロコシばかりでこれが油断大敵。葡萄より糖度が高く野菜の範疇におさめてはいけないようです。患者さんも野菜と思って油断することが多いようですね。

幼少期の私はもっぱら、黒くてもっちりした食感のトウキビでした。甘さ は程よく、タンパク質もアントシアニンも豊富ですから、お勧めはこの在来品種トウキビ。細々と継承されています。

数値では表現しきれない食療養

野菜、ハーブ、薬味、薬草、すべてが植物化合物をもち、人間の命を養ったり治癒に導いてくれたり・・。野菜の味、かおり、色、食したあとの身体の変化を注視すると、世界の伝統医療に通じていきます。

数値では表現しきれない食療養、森の診療所では感性でお伝えしていきたいと思います。

  1. 1
  2. 2
  3. 3

著者

宮田恵 氏

医師・シニア野菜ソムリエ


^