ニュース

メディカルジャパン2018 大阪、盛会裡に終了

2018/03/09 編集部
by 編集部

はてなブックマーク

 

1,340社が出展、多様な設備・機器・サービスを展示

2月21日(水)〜23日(金)の3日間、インテックス大阪にて、関西最大級の最新医療機器・設備、サービス展示会「メディカルジャパン2018 大阪」が開催された。

4回目となる今回は同時開催の7展示会合計で1,340社が出展し、医療・介護にかかわるさまざまな設備・機器やサービスを展示した。
会場を訪れたのは医療従事者や病院・クリニックの設備・機器導入担当者などで、主催のリードエグジビションジャパン発表の速報値では3日間で31,245名が来場。昨年2017年開催時(29,311名)を上回った。

また、会場では展示以外にも各種の専門セミナーが開催され、日本医師会会長の横倉義武氏や日本病院会会長の相澤孝夫氏、厚生労働省政策企画官笹子宗一郎氏などが登壇、こちらも多くの聴衆を集めた。

今年9月には東日本でも開催

メディカルジャパン2018は東日本での開催希望を受けて、9月12日(水)〜14日(金)の3日間、千葉県の幕張メッセにて第1回目の東日本開催が決定。日本ビジネス出版も出展を予定している。

^