COVID-19に立ち向かう 〜国連が世界のクリエイティブに呼びかけ

2020/03/31 編集部
by 編集部

はてなブックマーク

登録確認のメールが送信されます。

コロナウイルス感染症(COVID-19)が全世界的に広がるなか、3月20日、国連は世界中のクリエイティブに向け、公開ブリーフを発表した(日本語訳は3月27日発表)。

今回発表された公開ブリーフでは、下記6つの「公共アクション」について、動画やグラフィック、音声コンテンツなど、それぞれの地域やコミュニティに合ったクリエイティブ手法を用いて伝えてほしいと協力を呼びかけている。

  1. 個人の衛生管理
  2. 社会的距離
  3. 症状の理解
  4. やさしさの伝染
  5. デマ撲滅
  6. さらなる行動、寄付をする

感染拡大を抑制するためには人々の習慣や行動を変える必要があり、現在、世界各国で移動の制限や都市封鎖などが行われ、人々の生活に大きな影響を与えている。

クリエイティブの手法を活用して、個人や社会の行動変容を起こし、感染拡大に歯止めをかけようというのが今回の呼びかけのねらいだ。国連にとっても史上初の試みであり、成果に期待がかかる。

続きは、会員ログインをして
お読みください。
ログイン※パスワードをお忘れの方はこちら

^