ニュース

外国人患者の受け入れセミナー、名古屋で開催。

2016/11/01 編集部
by 編集部

はてなブックマーク
No Image

医療機関の多言語対応の支援などを手掛ける特定非営利活動法人P.L.A.N.(愛知県名古屋市)は、医療機関で外国人患者を受け入れる際に知っておきたいことをテーマとしたセミナーを、11月4日に開催する。会場は名古屋市立大学医学部研究棟。

2016年、訪日外国人旅行者数が2000万人を超えて過去最高を更新した※1。政府は、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに外国人旅行者を年間4000万人に倍増することを目指している。

セミナーでは、言葉や文化・習慣などの違いによるトラブルや未収金の発生を避けるための基礎知識や、効率的な多言語対応について講演する。また、ニーズの高まる医療通訳者の現状や将来について、現役の通訳者と一緒に考える場を提供する。

セミナーは二部構成となっており、第1部は「医療機関での外国人患者対応を考える」、第2部は「医療通訳の「今」と「未来」を考える」。1部、2部の参加が3000円(税込)。2部のみの参加は1000円(税込)。ホームページ(http://peatix.com/event/210955)から申込ができる。

※1 2016年10月31日発表。国土交通省。

連載記事一覧

該当する記事はありません。

^