ニュース

大切な人へ、健康診断を贈るギフトカード。地域限定で販売。

2016/11/30 編集部
by 編集部

はてなブックマーク

凸版印刷株式会社は、健康診断の支払い専用のプリペイドカード『からだ健診ギフト(R)カード』の提供を開始する。ギフトカードの発行は三井住友カードが行い、凸版印刷が事業を運用する。

厚生労働省の「国民健康・栄養調査(2014年)」によると、過去1年に健診を受けていない男性は27.8%、女性は37.1%にのぼる。特に専業主婦など会社に属さない女性は、健康診断が義務付けされていないことが受診率が低い理由だと考えられている。

凸版印刷が行った調査※1によると、女性の健診受診の意向が5割を超え、中でも20代女性が64.7%、30代女性が56.7%と意向が高いことがわかった。そこで、大切な人の健康を想う気持ちをカタチにできる健康診断を贈るギフトカードを商品化することとなった。

「からだ健診ギフト(R)カード」は、契約施設で受診したがん検診や人間ドック健診の支払いができる健診専用のギフトカード。カードが利用できる医療機関は、関東(東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、静岡県の伊豆地方)、関西(滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県)の1都2府8県の日本人間ドック健診協会の会員施設及び協力会員施設。

同じく1都2府8県のドラッグストアの「ココカラファインヘルスケア」と「富士薬品」グループの店頭で販売する。販売価格は10,700円と31,500円の2種類があり、カード額面はそれぞれ10,000円と30,000円となる。段階的に全国展開、提携販売先の拡大を進めていく。

健康診断を受診するきっかけを提供することによって、病気の早期発見や早期治療のみならず、生活者の「治す前に防ぐ」意識付けを促進し、健康長寿社会の実現を目指していく。

※1 2015年6月に1,046名の男女を対象に調査。

連載記事一覧

該当する記事はありません。

^