ニュース

うつ病関連バイオマーカー測定試薬キット、β版の提供を開始。販売開始の目標は2018年。

2016/12/05 編集部
by 編集部

はてなブックマーク

ヒューマン・メタボローム・テクノロジーズ株式会社(以下、HMT社)は、血中のリン酸エタノールアミン(以下、「PEA」)を測定するための研究試薬キットのフィールドテストを目的とした提供を開始することを発表した。

HMT社は、独立行政法人国立精神・神経医療研究センターおよび医療法人社団行基会 理事長 川村則行医師との共同研究により、大うつ病性障害(以下、「うつ病」)の血液バイオマーカー(PEA)を発見。PEAは、健康者に比べてうつ病患者で低値を示すことが臨床研究の結果から示されており、うつ病の血液検査に応用可能なバイオマーカーになりうると考えている。

HMT社では、イオンクロマトグラフィーを用いた機器分析法を基盤としたPEA測定法を開発し、試験的にPEAの受託測定を行っていた。検出感度に優れた測定である一方で、高額な機器を必要とすること、迅速な分析ができないことが課題だった。そのため、より汎用性・迅速性・利便性の高い、酵素法によるPEA測定試薬キットの開発を始めた。

試薬キットは2018年3月期の販売開始を目標としており、その事前準備として、第三者機関による有用性の検証を始める。

連載記事一覧

該当する記事はありません。

^