ニュース

業務データとレセプトデータでクリニック経営を見える化。

2016/12/20 編集部
by 編集部

はてなブックマーク

医療クラウドの株式会社メディ・ウェブは「Bee業務日報」の機能を強化し、「Beeコンパス」として全面リニューアルした。

Beeコンパスの「レセデータ分析機能」を利用することで、これまで活用されにくかったレセプトデータが簡単なステップで見える化され、クリニック経営の管理と改善がより確実かつ効果的に行えるようになる。また、業務日報データの分析項目を拡充、期間比較や予実比較等の分析を行えるようになった。

分析画面

患者数や診療報酬額、業務効率、来院のきっかけとなった媒体など、豊富な指標でクリニックの現状と変化、予測とのギャップを見える化し、業務や診療のプロセスが抱える課題を発見する。

同社では、クリニックの業務と経営をサポートするクラウドサービス「3Bees(http://www.3bees.com)」を提供している。「Beeコンパス」のほかに診察予約や順番管理など6つのサービスを展開している。

連載記事一覧

該当する記事はありません。

^