ニュース

第10回アンチエイジング大賞。佐々木蔵之介さん、斉藤由貴さんが受賞。

2016/11/14 編集部
by 編集部

はてなブックマーク
No Image

アンチエイジングの普及と発展の活動を進める特定非営利活動法人アンチエイジングネットワークは、11月14日のアンチエイジングの日に先立ち「第10回アンチエイジング大賞2016」の受賞者を発表した。

「アンチエイジング大賞」は、「素敵に歳を重ね、いつも輝き続けている憧れの有名人・著名人の方」に贈っている。今年で10回目となり、「男性部門」を佐々木蔵之介さん(48歳)、「女性部門」を斉藤由貴さん(50歳)がそれぞれ受賞した。また、「年齢にかかわらず、その年に勇気や希望を与え、日本を元気に若々しくして下さった有名人・著名人の方」として、特別協賛企業であるアンファー株式会社から井上 康生さん(38歳)が「アンファー特別賞」を贈られた。

斉藤由貴さんは次のように受賞のコメントを寄せた。「この度はこのような素敵な賞をいただき、ビックリすると共に、とても光栄に思っております。今年、50歳というある意味節目の歳を迎えましたが、まだまだ迷うことは多くあります。答えの出ないことも増えてきたようにも思います。それでも、大人はかくあるべきという年齢の既成概念にとらわれず、迷い、足掻き、それすら楽しみ味わいながら年齢を重ねていければと考えております。このような賞をいただいた事、とても素敵な記念と励みになります。ありがとうございました。」

アンチエイジングの日は、11(いい)歳(14)の語呂合わせで、アンチエイジングネットワークが2007年に制定した。アンチエイジングセミナーをはじめとした様々なイベントを通して、いいとし(良い歳)をとるために、心と体の状態をチェックすることを呼びかけている。

連載記事一覧

該当する記事はありません。

^